SSブログ

プリマス・プランテーション [旅行]

フェンウェイ・パークへ行く途中で、プリマス・プランテーションに寄ってみました。


Plimoth Plantation



ビジターセンターでチケットを購入し、中に入ると、まずはビデオの上映があります。地元のネイティブ・アメリカン「ワンパノアグ族」と入植者たちとの関わりについての説明が中心です。
「ワンパノアグ族」は非常に友好的で白人との交易も行われましたが、後に入植者たちに捕らえられ、奴隷として売られたり、ヨーロッパから齎された疫病により殆ど絶滅してしまったとのことです。
15.JPG
ビデオ上映後は野外に移動します。敷地内には清教徒たちが1620年入植した当時の建物や農地、砦等を再現しています。
11.JPG
そのほかに、ネイティブ・アメリカン、ワンパノアグ族の住居等も再現されていました。
1.JPG
当時の入植者やネイティブ・アメリカンに扮した人達が畑を耕したりして当時の様子を実演し、観光客の質問に答えたりしていました。
3.JPG
ワンパノアグ族の住居は木の外枠と樹皮で作った大変簡素な建物で、中には囲炉裏と毛皮を敷物にした長椅子があるだけです。
2.JPG
Piccoには縄文時代の竪穴住居と変わらないように思いました。

入植者たちは、板で囲った村の中に住んでいたようです。
10.JPG
9.JPG
家も大変小さく、中には仕切りが無くて台所に机とベッドが各一つという簡素さです。
4.JPG
当時の厳しい生活状況が伺えます。
5.JPG
家の裏庭は小さな菜園となっていました。
8.JPG
ここには教会がありますが二階は砦になっていて大砲が置いてありました。
14.JPG
宗教と武器とが一緒になって、西洋人の信仰のありようを垣間見せてくれます。
7.JPG
18.jpg
野外展示の外にもクラフトセンターやビジターセンターではお土産を売っています。
12.JPG
13.JPG
ここは、ボストン周辺のガイドブックに必ず記載されている名所ですが、思ったほど大きくなくこじんまりとしています。
また、入場料24ドルはちょっと高すぎるようです・・・・・・・
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 2

飛騨の忍者 ぼぼ影

地図が味があっていい感じです。

by 飛騨の忍者 ぼぼ影 (2008-06-13 15:25) 

picco

当時の住人に扮した方々は、英国式の発音で説明していました。
ここの地名はPlymouthですが、ピルグリムファーザース関連に限りPlimothを使っています。
by picco (2008-06-14 09:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます