SSブログ

ボストン美術館 [美術館]

イサベラ・スチュワート・ガードナー美術館を後にして、ボストン美術館へ行きました。
P1020219.JPG
両美術館は歩いて10分ほどの距離にあります。
また、ボストン美術館は地下鉄グリーンライン(E)のMuseum駅の目の前にあって、交通は大変に便利です。

この美術館は古代エジプトから現代美術までと広範囲に及び、収集品の質もずば抜けています。
特に、日本美術の収集にかけては世界有数の美術館だそうです。
何でも10万点もあるとか!
Piccoの期待も膨らみます・・・・・・が・・・・・・・

日本美術は収集品の多さに比べて展示スペースが足りないようです。
1Fの展示場は相撲の浮世絵の特集となっていましたし、2Fでは屏風絵(これはこれで価値あるものですが)中心の展示でした。

収集品全てを展示できない事から、どうも時期によって内容を入れ替えているようです。
本当は「平治物語絵巻 三条殿焼き討ちの図」(日本にあれば国宝となっていた)や鳥山石燕の「百鬼夜行図」を見たかったのですが、残念でした。

さて気分を変えて、代表的な収集品の一部を紹介します。
レンブラント、ターナーの作品です。
P1020231.JPG
P1020230.JPG
P1020227.JPG
これは大作でモネの「日本娘」です。
P1020224.JPG
ルノアール、ゴッホ、ゴーギャンの作品群です。
P1020222.JPG
これは、以前紹介しましたメトロポリタン美術館にあったルーラン夫人像と同じ、ゴッホの連作でボストン美術館所蔵のものです。
よろしければ、メトロポリタン編と比べてみてください。
P1020233.JPG
P1020220.JPG
P1020221.JPG
Piccoの好きなバルビゾン派の作品も。
P1020228.JPG

特別展では、「エル・グレコからベラスケス」展と「アントニオ・ロペス・ガルシア」展でした。
エル・グレコとベラスケスはともかく、アントニオ・ロペス・ガルシアは現存の画家で、Piccoはよく知りませんでした。
P1020236.JPG
何でもマドリード・リアリズムと呼ばれる一見写真と見間違うような画風です。
P1020239.JPG
寡作の画家だそうで、不思議な透明感のある画風でした。
P1020237.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます