SSブログ
メジャーリーグ ブログトップ
前の3件 | -

ヤンキー・スタジアム Yankees VS Rays [メジャーリーグ]

1923年に建設されたヤンキー・スタジアムは、現在隣に新しいスタジアムを建設中で現在のスタジアムは今シーズン限りとなります。

先日、ヤンキー・スタジアムへRaysとの試合を観戦しに行ってきました。

今回、趣向を凝らして、船でスタジアムまで向かいます。
これは、「Yankee Clipper」と言い、ハドソン川対岸のニュージャージー州のフェリー乗り場から、マンハッタンの南端を通過し、イーストリバーを北上して、球場近くの船着場まで向かう、ヤンキーズ戦観戦のための専用船です。
チケットは予約制で、ネットで購入可能です。途中ニュージャージ側とマンハッタン島で何箇所か停船するので、都合の良いターミナルから乗船が可能です。
帰りも往路のルートを逆に辿ります。出港はゲーム終了の30分後です。
時間にしばられてしまう感もありますが、地下鉄の混雑に巻き込まれずに済むのが多きな魅力です。

「当日雨だったらどうしよう」とか、「延長戦で4時間以上の試合だったらどうしよう」とか、「途中大雨で試合が中断して、ゲームが深夜にまで及んでしまったどうしよう」とか、様々な心配が頭を過ぎりましたが、どうにでもなるさと、予約をしてしまいました。

日ごろの行いが良いのか(?)、当日は絶好の野球観戦日和となりました。

7時プレイボールなので、夕方5時にニュージャージー州の「ポート・インペリアル」から出港です。
1.jpg
これから約1.5時間の船旅です。
サマータイムなので、夕方といってもまだまだ太陽は高いですが、川風が爽やかで快適です。
2.jpg
左手にマンハッタンを望みながら船は進みます。
4.jpg
川からの間近に迫ったマンハッタンのビル群の眺望は圧巻です。
5.jpg
自由の女神が近づくと、そこはマンハッタンの南端、バッテリーパークです。
3.jpg
6.jpg
ここの乗り場からは仕事帰りなのでしょう、スーツに身を包んだ人も多く乗船してきました。

船はイーストリバーに入り、ブルックリンブリッジ、マンハッタンブリッジなどをくぐります。
7.jpg
8.jpg
東京の隅田川の遊覧船のように、橋の名前やランドマークの説明のアナウンスくらいあってもよさそうなのですが、そこはアメリカ。そっけなく、乗客をスタジアムまで送り届けることのみを至上任務としています。

国連本部を通過し、やがてヤンキー・スタジアムに到着します。
9.jpg

フェリー乗り場からスタジアムまでは徒歩7~8分ほどです。試合開始前ぎりぎりの時間なので、スタジアム前は多くの人でごった返していました。
11.jpg

この日の席は、ライト側最上階の席です。
12.jpg
建設中の新ヤンキー・スタジアムを望むことができました。
13.jpg
ローマの競技場をモチーフにしたのでしょうか。荘厳な感じで、「コロシアム」といった雰囲気です。

ヤンキー・スタジアムは地下鉄の駅に隣接していて、通路を歩いていると電車の音が響いてきます。
中も写真を見る限り、ニューヨークの地下鉄の構内みたいという表現がぴったりです。
15.jpg
16.jpg

今日の夕飯はフードコートでハンバーガーとフレンチフライです。肉が焦げていて炭になってました・・・・
17.jpg
こちらは、ヘルメット型カップのアイスクリームです。
14.jpg
フィリーズのシチズンズ・バンク・パークですっかり味をしめてしまったのですが、ここヤンキー・スタジアムのアイスクリームは顆粒(?)状になっていました。
宇宙食のようで不思議な感じです。まあ、口に入れてしまえばいっしょなのですが・・・。見た目に比べて量が多く、お腹にたまりました。

試合の方は、レイズの岩村選手の活躍を期待していたのですが、四打席ノーヒットで良い所はありませんでした。
また、ヤンキースのベネット選手が8回まで好投して、後続投手もレイズ打線をぴしゃりと抑えたので、5対0でヤンキースの圧勝となりました。

ヤンキースの松井選手が怪我で欠場していますが、今シーズンの復帰は難しいそうです。
ちょっと残念なニュースですね。


程よい時間にゲームは終わり、無事にフェリーは出港しました。
涼しく心地よい川風に吹かれマンハッタンの夜景を楽しみながら帰途につきました。
10.jpg
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

MLB オールスターゲーム パレード ALL STAR GAME RED CARPET PARADE [メジャーリーグ]

7月15日、MLBオールスターゲームの開催日です。
NYシティでは、ゲームを盛り上げるため、MLBに所属する各球団仕様の「自由の女神」が街のあちらこちらに立っています。
21.jpg22.jpg
全部はとても探しきれません。これらの像はMLB公式サイトでオークションに掛けられています。
23.jpg24.jpg
15日の昼間オールスターメンバーによるレッドカーペットパレードが午後1時から3時の間に開催されます。
1.jpg
NYに到着した午前11時ごろにはすでに準備が着々と進められていました。
6番街を封鎖して、42thから58thまで全長約1.5キロにレッドカーペットが本当に敷き詰めてあり、びっくりました。早めにNYに到着したので久々日本食でもと思っていたのですが、柵の前にすでに場所取りの人々がいるので、普段行列に並ぶのが大嫌いなpiccoですが、スター選手を間近で見るチャンスは無いと考え待つことにしました。幸い空いているスペースを発見し、最前列を陣取ることができました。


パレード前には、各チームのマスコットたちが待っている観客を楽しませてくれます。
3.jpg
いよいよパレードの開始です。
まず、ニューヨーク市警察のバンドが先頭を切ります。
4.jpg
続いて子供たちの行進です。
5.jpg


パレードはまず往年の名選手の車列が先にすすみます。
右側に座っているのが、NYヤンキースの捕手だったヨギ・べラ氏で、今でもMLBの重鎮です。
6.jpg
この方がカーディナルスで遊撃手として活躍し、「守備の神様」、「オズの魔法使い」と称されたオジー・スミス氏です。
7.jpg
次は元ドジャースの監督で日本でもCMで知られるジミー・ラソーダ氏です。
8.jpg
この方は説明する必要は無いでしょう、ハンク・アーロンご夫妻です。
9.jpg
鉄人カール・リプケン Jr.氏も後に続きます。
15.jpg
今回のオールスターゲームのナショナル・リーグの監督は、審判に抗議してベースを投げたりするあのカブスのピネラ監督です。こちらでMLBの放送中、抗議シーンを使ったCMが流れるほどの名物監督です。
16.jpg
アメリカン・リーグ監督はレッド・ソックスのフランコナ監督が勤めます。
フランコナ監督にとってニューヨークは敵地なので、盛大なブーイングに包まれていました。
17.jpg


選手の先頭は、アメリカン・リーグのNYヤンキース4番ジータ選手です。
素晴らしい紳士だそうですが、真近で見て納得です。きっちりとスーツを着こなし、背筋をピンと立てた姿に、ひときわ大きな歓声が上がっていました。
縮ジータ.jpg

NYヤンキースからは、ロドリゲス選手も参加しています。
20.jpg

レッド・ソックスのオルティス選手は、監督同様にニューヨーカーから大ブーイングで迎えられますが、本人は至ってご機嫌です。
18.jpg


いよいよイチロー選手の登場です。もちろんPiccoにとって本日のお目当てです。
イチロー選手の姿は何度か球場で見ましたが、こんなに近くで見るのは初めてです。
さすがの貫禄で、オーラが伝わってきました。
待った甲斐があり、最前列でこんなベストショットを撮ることができました!
縮Ichiro.jpg
お隣は弓子夫人です。今回家族でパレードに参加している選手が多く、皆さんきれいな奥さまばかりでした。
イチロー選手はニューヨーカーからも「イチロー!」と連呼されていて、大変人気があります。
13.jpg


ナショナル・リーグからは、フィリーズのアトレー選手とカブスの福留選手を紹介します。
上の写真でサングラスを押さえているのがアトレー選手で、下の写真で先頭に座っているのが福留選手です。
両方とも上手く写せませんでしたが・・・・・・
26.jpg
19.jpg


さすがトップ選手だけあって、どの選手も惚れ惚れするほどの好漢ぶりでした。
パレードは予定の3時を過ぎても続きました。
昼食抜きしたが、空腹も忘れるほど大満足の一日でした。
(オールスター・ゲームそのものは、余りにも料金が高いのでTV観戦でした)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ボストン フェンウェイパーク (ボストン・レッドソックスVSシアトル・マリナーズ) [メジャーリーグ]

先日Piccoは、レッドソックスのラミレス選手応援のため、フェンウェイパークまで遠征してきました。

Fenway Park


18.JPG
相手はイチロー選手が在籍するシアトル・マリナーズです。
フェンウェイパークは1912年に建設された伝統ある球場で、街の中にあります。
1.JPG
球場全体は狭くちょっと変わった形をしていて、観客の収容能力も最大3万8千人ほどだそうです。
4.JPG
球場周辺も独特で、雑然とした感じで、他の球場に比べるとあまり整備されていないようでした。(それが逆に伝統を感じされるのですが・・・)
2.JPG
球場内のスタンド裏も人であふれかえっています。観客のほとんどはレッドソックスのファンで、何かしらチームグッズを身に着けていました。
3.JPG
この日はライト側外野席での観戦です。
5.JPG
これが有名なグリーン・モンスターです。センターへの打球はこれを超えないと、HRになりません。
7.JPG
デイゲームで、午後3時55分試合開始です。
上空青空で雨の心配は無かったのですが、強烈な日差しが容赦なく照りつけ、気温は35度くらいまで上昇。
前日より気温差が15度以上ありました・・・・・・・(前日寒さに震えていたのが嘘のようです。)
8.JPG
Piccoの左側スタンドには、ルーフがあって日陰がありうらやましい限りです。
9.JPG
試合は1回裏にラミレス選手が2ランホームラン(通算504号)を打ち、Piccoは大喜びです。打球はなんとセンターを越えて、球場の外まで飛び、球場係員がボールをゲットしたそうです。
12.JPG
マリナーズも負けずに3回表2点を入れて同点とします。
イチロー選手もここでバントを俊足でヒットにし活躍します。
10.JPG
16.JPG
その後、レッドソックスの打線が大爆発して、お客さんは大喜びです。上半身裸になって、応援を先導しているお兄さんもいました。
14.JPG

それにしてもこの暑さは堪りません。じりじりと照りつける日差しで、目でボールも追えないくらいです。
5.JPG
折角のフェンウェイ・パークでの観戦でしたが、我慢も限界に達して、試合の大勢が決した段階で、Piccoはスタンド裏へと避難しました。
球場の電光掲示板には「熱中症予防のためアイス・ファンを用意している」とありました。
17.JPG
これがそのアイス・ファンです。皆大喜びで扇風機から出る冷たいミストにあたっていました。
ここでレモネード(4ドル)と、ホットドックで一休み、その後オフィシャル・グッズを購入しました。

試合は結局11-3でレッドソックスの大勝となりました。
19.JPG

フェンウェイでの野球観戦の願いが叶い、とっても嬉しかったのですが、炎天下の観戦には参りました。


この日の強い味方はこれでした。「Neutrogena Ultra Sheer Dry-touch Sunblock」。なんとSPF85という最強の日焼け止めクリームです。
20.JPG
これはCMでも流れている最新商品で、近所のスーパーではどこも売り切れていて、人気商品のようです。こちらは陽射しがとても強いのでちょっとの外出でも日焼け止めクリームが欠かせません。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | - メジャーリーグ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます