SSブログ

アメリカ印刷局(造幣局)・Bureau of Engraving and Printing [旅行]

先日のワシントンDC旅行の際に、アメリカの造幣局(Bureau of Engraving and Printing)を見学しました。
P1030151.jpg
造幣局というと、警備が非常に厳重で、日本的な感覚では見学などもってのほかと思い勝ちですが、アメリカでは一般に公開されています。
全米には数箇所の造幣局がありますが、ここDCの造幣局では紙幣を印刷しています。
現金を印刷しているところを生で見る事ができるなんてそうそうありません。これは見逃せない!と、飛びつきました。

流石に警備は厳重で、セキュリティで、空港と同じようなチェックを経て見学コースに入りました。因みに、観光シーズンの夏場は事前にチケットブースにて入場予約のチケットを手に入れる必要があるそうです。訪れた日は9月半ばで、とても空いていました。

見学は15分ごとにグループに分けられ、案内人について行われます。
見学中は、写真撮影は一切できないので、ここでは中の様子はお見せできません。
解説は勿論英語です。札束に目が釘付けであまり聞いていませんでした。
紙幣が印刷され、裁断、帯を付け梱包されるまでの過程を、工場の上にしつらえたコースを歩きながら眺めます。

どんなに物々しい雰囲気かと思いきや、働いている人達は意外とのんびりしていて、中には私たちに手を振ってくれたり、「ガイドがサンプルをくれるよ」とジョークを書いた紙をこっそり掲げてくるおじさんなどがいて笑わせてくれました。
あまりの長閑さに、最後に梱包され床に無造作に詰まれた紙幣を見ても「お金だ~!」という感じがなくなってしまいsます。実は見学コースはダミーで、実際には別の場所にきちんとした工場があるのではと、勘繰ってしまいました。

30分ほどでツアーは終了。

出口には、おきまりのショップがあり、記念グッズなどが売られています。
P1030157.jpg

こちらは、裁断された紙幣のくずです。一体何に使用するのでしょう?
P1030162.jpg

ラッキーナンバーの紙幣や、各ドル紙幣のアンカット版も販売しています。
P1030160.jpg
P1030159.jpg

なんとここでは2ドル紙幣が売られていました。
P1030326.JPG
2ドル紙幣は1976年の建国200周年と、2003年に発行されただけで、殆ど流通してないため認知度が低く、使用すると問題が生ずる危険があるといういわく付きの紙幣です。
piccoは、珍しさに負けて2ドル紙幣4枚(8ドル分)のアンカットシートを買ってしまいました。
P1030381.JPG
金額はなんと21ドル!!
なぜ造幣局で売られている紙幣が等価ではないのか!買ってしまう私も私なのですが、商売しすぎです・・・・。

ショップの片隅に、「あなたは何ドル?」という、100ドル札を積み上げればいくらになるかの身長計がありました。
P1030155.jpg
余計なお世話です。

家に帰って調べたところ、フィラデルフィアにもコインの造幣局があることを知りました。
灯台下暗しとはこのことです。近々行ってみようと思います。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ボルチモア・インナーハーバー [旅行]

ボルチモア・オリオールズvsボストン・レッドソックスの試合観戦のため、先日オリオールズの本拠地カムデン・ヤードに行ってきました。
P1020686.jpg
試合はオリオールズの圧勝でした。
松坂の登板を計算したのですが、惜しくも一日違いでした・・・。
テレビを見てると、平日の試合はお客さんの入りは寂しいのですが、レッドソックス戦は大人気のようで、ほとんどの席が埋まっていました。又、アウェイにもかかわらず観客の半分以上はレッドソックスのチームシャツやキャップを身に着けていました。

野球の翌日にボルチモアのインナーハーバー地区に行きましたので、紹介します。

Inner Harbor



ここには、全米でも有数のボルチモア水族館があります。
P1020673.jpg
これが水族館の正面ですが、よく見ると建物のガラス越しに何か映っていますが見えるでしょうか?
そう岩があるのです。
ここは水族館ですが、なぜか館内に「熱帯雨林」が再現されているのです。
勿論、ここには水槽があって魚類を初めに水中生物が展示してありますし、イルカショーも見学できます。
全米でも有数の水族館と聞いて行きましたが、実際のところ、日本の水族館の方が充実しているように思えました。
イルカショーも、期待していたほどのものではなく、拍子抜けしました。

水族館以外には、歴史的な船がここに係留されていて余生を送っています。
一人14ドル払えば4隻の船の見学ができます。

最初の船はコンステレーション号です。
P1020681.jpg
P1020697.jpg
19世紀中ごろに建造された帆船で、奴隷船の取り締まりや南北戦争にも参加しました。
しかし完成当時(18548月進水)、既に帆船から蒸気船へ移行する時代でしたので、南北戦争が終わると直ぐに予備艦となってしまいました。
ただ幸いなことに練習艦として長く使われたため、1955年以降はここボルチモアで記念艦として保存されています。
上甲板はガンデッキとなっています。
P1020700.jpg
中甲板は水兵さんたちの居住区です。
P1020713.jpg
下甲板は船倉となっています。
P1020738.jpg
帆を操作するための縄索は非常に複雑で、見上げれば目がくらくらします。
P1020696.jpg
この他には灯台船とか、
P1020679.jpg
P1020756.jpg
潜水艦や沿岸警備隊のカッターも見学しました。
P1020759.jpg
P1020806.jpg
インナーハーバーは大きな商業施設があって、見学しても楽しめます。
パワープラネットと言う名の、書店やハードロックカフェなどがある複合施設になっています。
P1020671.jpg
ハーバープレイスと呼ばれるショッピング・モールもあり、フードコートやみやげ物屋さんなどがあり、賑わっていました。
P1020689.jpg
P1020683.jpg
この写真の右に写っているビルは、インナーハーバーを代表するワールド・トレード・センターです。
P1020761.jpg
インナーハーバーにはビジターセンターがあって、訪問者には親切に対応してくれます。
市内には地下鉄、路面電車、バスが走っていて、共通一日パスはなんと3ドル50セントという安さです。短距離でもバス移動をするなど、有効活用できました。
Piccoにとっても充実した1日でした。
P1020786.jpg





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

セーラム / Salem [旅行]

ボストンからの帰りにマサチューセッツ州セーラムに立ち寄りました。

ボストンの北、車で4~50分のところにある小さな港街です。
セーラムの名は「魔女狩り」で知られており、昨今のファンタジーブームもあって、魔女目当ての多くの人を惹きつけています。
P1020253.JPG
街中にも魔女グッズのお店や、魔女の扮装をして記念写真を撮る写真館があったり、ハロウィーンのシーズンにはイベントを催したり、魔女で町おこしをしている感があります。

まず訪れたのは、「せーラム魔女博物館」です。
P1020254.JPG
教会のような外観は、怪しげな雰囲気をかもしだしています。

中に入り、チケットブースに行くと、次のレクチャーは20分後といわれました。
ガイドブックによると、1692年に実際に起こった魔女狩りを芝居風に解説するアトラクションとあるので、おとなしく待つことにしました。
待つ間、土産物屋を見ていると、やはり魔女関連のグッズや記念品が多く売られていました。
時間になり、暗い天井の高い部屋に通されると、部屋の四方に何やら人形などが置いてあります。いよいよショー(?)の開幕です。
受付で頼むと、日本語解説のウォークマンを借りることができます。英語の解説が始まったと同時にスタートボタンを押すと、英語の実況翻訳を聞くことができます。

内容は、壁に置かれた裁判シーンや牢獄、死刑シーンなど、ストーリーの展開にあわせた場面にスポットライトが当てながら、当時の魔女狩りの発生の経緯から顛末までが語られます。
1692年に発生した魔女狩りは、そもそもは老婆や黒人の召使が長い冬場の暇つぶしに白人の女の子たちに語った作り話や、簡単なマジックに端を発し、多感な少女たちがそれを信じ、集団ヒステリー状態に陥ったことより始まりました。
少女たちの言葉が多くの罪の無い人々を犠牲にし、異常な状況を冷静に分析し、事実無根であると訴えた人々でさえも捕らえ死刑にしてしまったことを、現代社会に集団ヒステリーの危険性を教訓として伝えようとしています。

近代でも、第2次世界大戦でパールハーバーの攻撃後、多くの日本人が捕らえられ収監されたことも、魔女狩りのひとつとして扱われていたり、外観とはかけ離れた、教育的な博物館でした。

次に訪れたのは、「ピーボディ・エセックス博物館」です。
P1020292.JPG
この博物館は港町で海外との交易が盛んだったころの、東洋の美術品や船(主に帆船)や海に関したコレクションが数多く展示されています。
エントランスを抜けると吹き抜けになっていて、ガラス張りの天井から注ぎ込む日差しでとても明るい開放的なロビーがあります。建物自体はまだ新しいようで、凝った作りで、清潔感あふれる博物館です。
P1020280.JPG

帆船の模型が数多く展示されています。どれも精巧な作りで、船好きにはたまらない所でしょう。
P1020258.JPG
P1020262.JPG

展示物の中には、明治時代に訪日したエドワード・モースのコレクションのほか、中国、韓国などの陶器や家具調度品などの文物もありました。この日はちょうど歌舞伎に関する特別展も行われていました。
P1020275.JPG
流石にモースのコレクションだけあって、日本の家紋入りの駕籠や当時の職人がヨーロッパ向けの輸出品として作った寄木細工の飾り棚、陶芸等は見ごたえがありました。
P1020279.JPG
小さな街にしては立派な博物館で、一見の価値があります。
ボストンから足をのばして出かけてみても損はないところだと思いました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます